3a5eeaa2c04b2bb0644e05fa4205226f_s

医療事務の仕事とは

医療事務とは、病院や診療所など医療行為を行う場所において経理や一般事務を行うための仕事です。

医療とは関係がない普通の企業においても総務や事務の仕事をする人は必ずいますが、医療関連施設の場合においては必ず診療報酬の請求をするレセプトを作成しなければいけません。

日本の社会保障制度として国民健康保険や企業などが行う健康保険制度がありますが、診療を受ける人がどういった保険に加入しているかによって支払われる診療報酬も変わってきます。

医療事務として勤務をする人はそうした国の行う健康保険制度についてしっかり理解をするとともに、定められた書式に従って毎回の診察に関わる費用を計算していくことが仕事となります。

医療事務として勤務するためには

医療事務という仕事自体は医療関連の資格が必要というわけではなく、未経験・無資格でも就業をすることが可能です。

ですが実際に全く経験のない状態から勤務をするとなると、必要な技能を覚えるまでだいたい半年くらいはかかってしまうと言われています。

そのため実際の求人においては民間の医療事務の資格を取得していることを条件としている場合が多く、さらに以前まで何らかの形で医療関連の仕事をしてきた人が優先される傾向にあります。

医療事務としての仕事をしていくためにはレセプト作成の知識や技術だけが必要というわけではなく、その他にも医療の現場で必要となる一般事務の作業が必要になってきます。

院内の清掃や訪れる患者さんへの受付応対、電話など事務作業全般が医療事務として勤務をする人の担当になることもよくあります。

医療事務として勤務するための適性

医療事務の仕事においては、まず何よりも院内の活動が円滑になるように心がけることが必要になってきます。

それは訪れる患者さんへの応対もそうですし、待合室の雰囲気づくりや円滑な外来患者さんの誘導といったことまでが含まれます。

医療に直接関わるような業務ではないのですが、目の前の患者さんの様子をよく観察し適切な対応をとっていくということがスキルとして求められてくるのです。