以外に低い看護師の年収

看護師は全国的に人手不足の状態が続く社会的需要の高い仕事です。
求人情報を見ると全国的にかなりの数の仕事を見つけることができますが、そこに提示されている年収額は必ずしも高いものばかりではありません。

全国の看護師職の平均年収額は約470万円で、これは同年代の女性の給与額と比較をすればかなり高いものですが、他の職種と比較をしたときには特別にインパクトのあるものではありません。

国家資格が必要となる仕事で比較した年収ランキングでは看護師は第14位となっており、これは医師や獣医師、薬剤師といった仕事はもとより、診療放射能技師よりも下位となっており臨床検査技師とほぼ同額です。

看護師という仕事で大きな問題となっているのが連勤や夜勤といった過酷な就業状況があるということで、基本給はかなり低めに設定されていて、そうした時間外の出勤でどれだけ稼げるかが年収を決めるというシステムが長く続いてきています。

看護師としてキャリアアップしていくには

看護師の仕事でもう一つ問題なのが、長く勤務をしていても昇給や昇進がしづらいということです。
医師ならば医局長や診療科部長といった経営の仕事への出世もありますが、看護師の場合は管理職でも看護部長止まりになることが多くそれ以上の昇進はかなり厳しいようです。

ただし社会的ニーズの高い看護師の仕事では、医療関連施設以外にも多数の求人が出されておりキャリアアップしていくことにより高い年収を得ることは十分に可能です。

上位資格である専門看護師や認定看護師を取得したりすることにより、独自の判断ですることができる仕事の幅も一気に広がり年収も上がります。
結婚や出産により一時的にキャリアが中断しても、その後の再就職もしやすく実質的にキャリア中断にならないというのも看護師という資格の優れた点です。